カテゴリ:お知らせ( 86 )
春の一歩め
b0167642_22104954.jpg

急に春らしくなりましたね

制作を再開した1月下旬には、まだまだ暖かいかっぽう着も…と
ネルやウールのシャツを素材に選んでいましたが、
のんびり作業をしている間に…、出番は来年になりそうです(笑)

さて、小さな一歩め…
春にオープンする鳥取のお店の
最初の企画展示に少しだけかっぽう着も並びます。
お近くの方は、ぜひ足をお運びくださいね。


gallery shop SORA この春 いよいよオープンします

       〜暮らしを楽しむ道具たち〜

     日々の暮らしに寄り添う品を集めました


【参加作家】

朝倉康登(木工、カトラリー・鳥取県倉吉市)

及川静香(陶芸・栃木県益子)

家具工房hatch(木工・倉吉市)

国造焼(陶芸・倉吉市)

大山焼久古窯(陶芸・西伯郡伯耆町)

谷口和紙(和紙、照明、鳥取市青谷町)

陶工房Ashwork(陶芸・西伯郡日吉津村)

陶工房根-ne.(陶芸・鳥取県鳥取市)

陶風舎(陶芸・島根県松江市)

トリトヒツジ(皮小物・徳島)

nido(エクステリア&ガーデンアイテム・鳥取県鳥取市)

中津箒 吉田慎司(ほうき・神奈川県愛甲郡愛川町)

八幡焼(陶芸・島根県安来市)

日々譚hibitan(布/大阪府大阪市)

ひととき(木工・鳥取県鳥取市)

mica jewelry works (シルバーアクセサリー)

森脇製陶所(陶芸・島根県邑智郡邑南町)

山田洋次(陶芸・滋賀県甲賀市信楽町)

その他:ポストカード、ゴム長靴、いまばりマフラー

[PR]
by hibi_tan | 2013-03-10 22:01 | お知らせ | Comments(0)
古ゆかた
b0167642_17421156.jpg
日に日に秋が深まり、少しず空気が澄んでゆくのを感じるこのごろ。

夏の間、空いた時間に少しずつ浴衣をほどき…
洗ってアイロンをかけて…準備した布を、
ここ数日、せっせと縫い合わせています。

みなさんには、ご報告が遅くなりましたが、
来月下旬に我が家に初めての赤ちゃんを迎える予定で、
それに備えてのおしめづくりです。
少しずつ手縫いでチクチク…というゆったりとした時間を
想像していたのは、もう少し前のことで、
出産を一ヶ月と少し後に控えて、
少々気持ちも焦り気味で、結局ミシンを踏んでいます。

さて、そんな時期ではありますが、
来月、自宅の並びに開いている「傍房」にて、
3日間だけの小さな展示を行います。
常設展示に、これからの季節に活躍する厚手のかっぽう着や、
新作を少し加えた内容になる予定です。

同時に、自家製の季節の素材を使った美味しい焼き菓子と器の
出張カフェ「ひとかふぇ。」もお楽しみいただけます。
ぜひ、秋の一日をのんびりと過ごしにいらしてください。

なお、会期中は傍房にて、みなさまのお越しをお待ちしているつもりですが、
体調によっては留守にさせていただくことがあるかもしれません。
ご理解いただければ幸いです。


「小さな秋の展示」

日程:11月9日(金)〜11日(日)
時間:13時〜18時
場所:傍房ぼうぼう (大阪市東成区中道3−16−2)

[PR]
by hibi_tan | 2012-10-12 17:43 | お知らせ | Comments(3)
とある一日の食卓
一番下に、追加情報あります。
現在開催中の別の展示のご案内です。


大阪市北区の生活用品店7070さんにて
展示会が来週よりはじまります。
今回は、かっぽう着、一着一着に名前をつけ、
その名前にちなんだ料理を
トアル食堂さんに実際に作っていただくという
楽しい企画になっています。
お料理を味わえるのは一晩のみとなっていますが、
ぜひどちらも楽しんでいただければ嬉しいです。
b0167642_22513638.jpg

1枚ずつ違った味わいのシャツを素材に
その持ち味を引き立てる
色とりどりの生地を取り合わせ
ボタンやステッチを隠し味に仕上げました

どうぞゆっくりお召し上がりください


【会期】4月24日(火)ー30日(月) 12時ー18時 会期中無休
【場所】生活用品店7070地図
【トアル食堂によるお食事会】
○場所/ 生活用品店7070 ○日時/4月28日(土)18時30分〜 
○参加費/おひとり2000円(飲物は別途)
○定員/10名 
※定員に達しましたら、受付を終了します。またキャンセルはご遠慮ください。
○お申し込み/ 生活用品店7070まで。
件名を「お料理イベント参加申込」とし、
参加者のお名前、人数、ご連絡先電話番号をご連絡下さい。

<追加情報>
お知らせが遅くなってしまいましたが、
昨年3月「暮らしのかたち展」でお世話になった
大阪・大正区のギャラリー 「ブリコラージュ」さんの
10周年記念の展覧会に参加させていただいています。
こちらは、29日まで(25日はおやすみ)。
これまでブリコラージュさんとご縁のあった作り手さんたちが
たくさん参加されています。
わいわい楽しい展示になっていると思いますので、
どうぞ足をお運びください。


b0167642_22443398.jpg

b0167642_22445674.jpg

[PR]
by hibi_tan | 2012-04-16 11:09 | お知らせ | Comments(0)
なかなかの森
b0167642_202331.jpg
お店で置いていただくかっぽう着と鹿児島のしょうぶ学園さんのかばん

今日はもうすぐオープンするお店で
スタッフの方にユニフォームとして着ていただく
かっぽう着をお届けしました。

大阪・枚方市の王仁(わに)公園にある
授産施設「セルプわらしべ」さん内の
『なかなかの森 喫茶室』と
植物と道具のお店『雨のあと』です。

ちょっとシャイで、でも笑顔はとびっきり素敵なみなさんが
色とりどりのかっぽう着でお店の中を歩く姿を想像すると、
オープンが待ち遠しくてなりません。

一つ一つていねいに選ばれたことがわかる
ていねいに作られた家具に座り…
ていねいに作られた器でお茶をいただき…
日常の緊張がふっと緩んでしまうようなそんなお店です。

そろそろ家の外へ、街の外へ出掛けたくなる季節。
最寄りの藤阪駅からの道もなかなかよい散歩道ですよ。

(以下、DMより)

なかなかの森

悲しいことがこんなにたくさんあるのなら

楽しいことが

たくさんある場所があってもいい

なかなかの森はたくさんの

笑顔であふれる場所になります


2012年3月27日openいたします



『なかなかの森 喫茶室』

なかなかの森の喫茶室は、
ハンドドリップの珈琲と
和紅茶や手作りのケーキを
楽しめるお店です。
地野菜のラタトゥイユなど
おいしい食べ物のメニューも
少しずつ増やして行く予定です。
皆様のお越しをお待ちしています。


『雨のあと』


「雨のあと」は植物と道具を扱うお店です。

植物は変わることのない時間の早さのなかで、
ちいさな変化を積み重ねていくことで成長します。
道具は時間を重ね大切に使うことで色を深め暮らしに
馴染んでいきます。

日々の積み重ねが生んだ植物や道具と向き合う時間は、
私たちに様々な気持ちを抱かせてくれます。
そしてそんな時間がある暮らしを「豊かな暮らし」
と呼ぶのではないでしょうか。

「雨のあと」は作り手の仕事を大切に、
作り手の気持ちをお客様へ伝える役割を
果たしていきたいと思っております。

皆様にとって、豊かな暮らしにつながる
展示・販売を行なってゆければ嬉しく思います。
今後とも「雨のあと」をよろしくお願い申し上げます。

----------------------------------
定休日/ 日・月
営業時間/  11:00−18:00(17:30 LO)
住所/ 大阪府枚方市王仁公園2-2
tel/ 072-845-6582
[PR]
by hibi_tan | 2012-03-21 21:34 | お知らせ | Comments(2)
今月のお知らせ
b0167642_1419989.jpg

京都の「使い捨て時代を考える会」での展示が、今月より始まっています。
不要品の再利用の提案としてかっぽう着と共に、
実際の作り方もご紹介する内容になっています。
かっぽう着の販売も少しだけですが、あります。
同じスペースには、安心素材のおいしそうな食品や
環境に配慮した雑貨などの販売コーナーもありますよ。
火曜日昼頃〜は野菜市もあるそうです!
平日の昼間のみのオープンですが、ご都合の合う方はぜひ足をお運び下さい。
会期中、いらないシャツから前掛けエプロンを作るワークショップも
開催しますので、こちらもよろしければ、ご参加ください。


『いらないシャツから作るかっぽう着展』
□会期:2月1日(水)〜29日(水)の間の平日10:00〜15:00
 ※土・日・祝は休みですのでご注意下さい
□場所:「使い捨て時代を考える会」事務局内 ギャラリーふっと
 京都市下京区富小路通仏光寺下る筋屋町141
(阪急「烏丸駅」または地下鉄烏丸線「四条駅」が最寄り)
TEL:075-361-0222  FAX:075-361-0251
☆会期中2月8日(水)13時〜16時ごろ
「いらないシャツからエプロンをつくる」ワークショップあり。
□参加費:3200円□定員:4名(要予約) □持ちもの:着なくなったシャツ、裁ちバサミ、糸切りバサミ
☆いらなくなったシャツの回収もしています。 


傍房 では、今月もかっぽう着をつくるワークショップを開きます。日が迫ってますが、まだ空きがありますのでお知らせします。

『いらないシャツから作るかっぽう着 ワークショップ』
□日時:2月5日(日)と19日→26日の間違いでした(日)の2回
13時〜16時半ごろ
□傍房 
 大阪市東成区中道3−16−2南端
 (JR環状線または地下鉄「玉造駅」が最寄り)
○参加希望の方は2日前までにお知らせください ○定員4名(要予約) 
○参加費8000円(材料費込・2回分)
○持ちもの:リメイクしたいシャツ、エプロンに使いたい布(幅70cm以上x作りたい丈)、あれば裁ちバサミ、糸切りバサミ
※縫製はミシンを使いますが、初心者にもやさしい内容です。

[PR]
by hibi_tan | 2012-02-03 14:35 | お知らせ | Comments(1)
CUT SHOWと小展覧会
大阪・谷6の美容室Little Birdsさんがおこなうカットショーで
日々譚のかっぽう着を衣装として使っていただきます。
芝川ビルという、築85年の趣のある古いビルが会場です。
いつも楽しいエネルギーでいっぱいのLittle Birdsのスタッフたちと
その多彩な繋がりから作りあげられる、ショーの時間。
とっても楽しそうです。
(私は残念ながら傍房のオープン日と重なってしまいました)
b0167642_22302898.jpg

日時:2012年1月30日(月)  open 18:30 start19:00
料金:前売り1500円 当日2000円(前売り、当日共に学生500円off)
会場:芝川ビル4階モダンテラス
協力:<演奏>庄司 拓(大阪フィルハーモニー交響楽団)  
<DANCE>Yangjah <衣装>日々譚, maemuki suit!   
<装飾>さっもくもく
チケットの購入、予約等のお問合せはLittle Birdsまで。


そして、もうひとつお知らせです。
来月、京都の使い捨て時代を考える会の事務局併設ギャラリーにて、
小展覧会をします。
今回は、かっぽう着の作り方の紹介が中心の展示になる予定です。
点数は多くありませんが、かっぽう着の展示販売もさせていただきます。
会期:2月1日(水)〜29日(水)の間の平日10:00〜15:00
        ※土・日・祝は休み
場所:「使い捨て時代を考える会」事務局内 ギャラリーふっと
〒600-8061 京都市下京区富小路通仏光寺下る筋屋町141
TEL:075-361-0222  FAX:075-361-0251
★会期中2月8日(水)13時〜 16時ごろ
「古いシャツからエプロンをつくる」ワークショップを企画しています。
□参加:3200円 □持ちもの:着なくなったシャツ、裁ちバサミ、糸切りバサミ

「1973年春、石油などの化石エネルギーに依存した
現代社会に疑問をもった人々が、
物や人が使い捨てされることのない社会の実現を目指して、
はじまったのが『使い捨て時代を考える会』です。
ひとりひとりの暮らしの知恵や工夫を持ち寄って、
生き方を見つめ直そうと呼びかけてきました。」
(使い捨て時代を考える会HPより)

それから40年…2012年の現代社会はどうでしょうか?
自分が想い描く暮らしと社会の関わりについて
色々と考えるきっかけにしたいと思います。

                 
[PR]
by hibi_tan | 2012-01-23 22:33 | お知らせ | Comments(0)
2012 あけましておめでとうございます
b0167642_0315244.jpg
恥ずかしながら、ここ数年、バタバタ続きでお正月らしいお正月を過ごせてなかったのですが、
今年の元旦は少しお正月らしく、新しい年のはじまりを迎えることができました。
一日一日を大切に、季節の移り変わりや、ひとつひとつの出会いを味わいながら
ていねいにささやかな暮らしを重ねてゆく一年にしたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。


傍房で2月までのかっぽう着ワークショップの予定です。
まだ、どの日時も若干の空きがありますので、どうぞご参加下さい。

▲『古シャツからかっぽう着を作るワークショップ』

不要になったシャツからかっぽう着を作ります。2回に分けて行ないます。
(1)(2)の順でお好きな日程にご参加ください。
縫製はミシンを使いますが、初心者にもやさしい内容です。
○参加希望の方は2日前までにお知らせください ○定員4名 
○参加費8000円(材料費込・2回分)
○持ちもの:リメイクしたいシャツ、エプロンに使いたい布(幅70cm以上x作りたい丈)、あれば裁ちバサミ、糸切りバサミ
(1)1月19日(木)13:00〜16:30
(2)1月26日(木)13:00〜16:30
(1)2月2日(木)13:00〜16:30
(2)2月16日(木)13:00〜16:30
(1)2月5日(日)13:00〜16:30
(2)2月26日(日)13:00〜16:30



お申し込みはこちらまで。
[PR]
by hibi_tan | 2012-01-03 00:31 | お知らせ | Comments(6)
かっぽう着を作るワークショップ始めます
b0167642_23114036.jpg
今日、岡町のコミュニティカフェkittoさんでのエプロンワークショップにて。
お母さんが作ったエプロンを巻いて、ご機嫌さんです。

さて、なかなか実現できていなかったかっぽう着づくりのワークショップ…
やっと、傍房にて少しずつ始めることにしました。

『古シャツからかっぽう着を作るワークショップ』

▲かっぽう着ワークショップ(1)

12月4日(日)か1月19日(木)13時〜16時半
▲かっぽう着ワークショップ(2)13時〜16時半
12月23日(金・祝)か1月26日(木)
2回に分けて行ないます。(1)(2)の順でお好きな日程にご参加ください。
毎月順次行なう予定ですので、今後の日程について連絡希望の方はこちらまで。
縫製はミシンを使いますが、初心者にもやさしい内容です。
○参加希望の方は2日前までにお知らせください ○定員4名 
○参加費8000円(材料費込・2回分)
○持ちもの:不要なシャツ(服の上から着て余裕のあるもの)、エプロンに使いたい布(幅70cm以上x作りたい丈)、あれば裁縫道具


服作りなんて、無理!という方でも、リメイクなら案外簡単にできます。
どうぞ、お気軽に参加くださいね。

b0167642_23244380.jpg
今日のミシン。
ワークショップに使うミシンは会場で準備していただくのですが、
ご近所さんやスタッフの方、そのご家族のおうちからやってくる
色んなミシンとの出会い、けっこう楽しみなのです。
[PR]
by hibi_tan | 2011-11-27 23:13 | お知らせ | Comments(2)
旅のおわり
先週末までの福岡の手の間さんでの展示を最後に、
昨年10月からずっと続いていた旅も、ひとまずお終いです。

かっぽう着をたずさえて、色んなところを旅してみたい…
そんな想いが叶って、この一年間は本当に色んな場所で
展示やワークショップをさせていただきました。

旅の最後はしばらく前から決めていて、
そして、まるでその時を待っていたかのように
今、私の傍らには傍房という、小さな家があります。

実際の暮らしのすぐ足元で
ここを訪れた色んな人たちと
「暮らし」のあれこれを分かち合いながら、
じっくりじっくり時間を過ごしていけたら…
と、思っています。

オーダーをいただきながら、お待たせしているかっぽう着も、
少しずつお届けできると思います。
お待ちいただいている方、申しわけありませんが、
あと少しだけお待ちください。

さて、今月は豊中市のコミュニティカフェkittoさんにて、
11月16日(水)と27日(日)の2回
(それぞれ1回完結です)
おなじみのエプロンワークショップを開催します。
b0167642_22344313.jpg
定員が少ないので、お早めにお申し込みくださいね。
[PR]
by hibi_tan | 2011-11-01 22:35 | お知らせ | Comments(0)
手の間さんでの展示、終わりました
b0167642_8122475.jpg
福岡の手の間さんでの展示は、chieさんのお料理を
いただきながらの交流会で、幕開けました。

見た目に楽しく、胃袋と心がじんわり満たしてくれるお料理が
これまた楽しいへたへた工房・中島信男さんの器に盛りつけられました。
中島さんは、大分県の耶馬渓でお米を育てながら、木工に取り組んでられます。
私たちより一日早く九州に入り、耶馬渓を訪ねてられたchieさんのお料理には
中島さんのお母さんの作ったお野菜がたっぷり使われました。
この交流会には、中島さんがご家族で参加してくださったので、
作り手の方々の顔を見ながらの、最高のご馳走となりました。

お皿の真ん中のまあるい形は、いが栗にみせた、
栗の入ったライスコロッケ。
都会ではなかなか四季を感じることが少ないからこそ、
お料理を通して、旬を感じて欲しい…というchieさんは、
街から離れて、郊外の農家さんを直接訪ねて、
野菜のできている景色そのものを感じるようにしているとのこと。
このコロッケも落葉の間に、ごろっと転がった、
いが栗の様子からのイメージだそうです。

食後は、手の間8号でも紹介されていた
耶馬渓で自家焙煎コーヒーのお店を開いてられる豆岳コーヒーさんが、
コーヒー豆や焙煎の話などを交えながら、
挽きたてのコーヒーを入れてくださいました。
小さなカフェのあるお店は、向かう途中で不安になるような(笑)
山の中にあるそうで、お客さんはのんびり何杯もコーヒーを
楽しまれるそうです。

食事の合間、合間には話下手の私の話があったので、
それがみなさんの消化を邪魔してないか心配ですが(笑)
とっても贅沢な時間に、満足そうな参加者の方々の
顔が印象的でした。
b0167642_81247100.jpg
かっぽう着姿で仕込み中の、chieさんと森ひろ子さん。
いつも笑顔のおふたりです。
b0167642_8131756.jpg
手前は森ひろ子さんのイラストのはいったてぬぐいにじゆらシリーズ。
b0167642_8133433.jpg
森ひろ子さんの版画や切り紙のイラスト作品が
かっぽう着の周りを楽しく彩っています。
b0167642_8135281.jpg
梅あそびいこらの紹介コーナーに、唐人屋さんの梅製品や、
坂部博恵さんの梅灰柚を使った
卓上梅壺をはじめとする器を展示させていただきました。
坂部さん作品は、引き続き傍房で展示販売させていただくことになりました。
興味のある方は、見にいらしてくださいね。

手の間さんの素敵な空間での6日間の展示、
とても楽しく、ここでは紹介しきれない、
心に残る出会いがたくさんありました。

本当にどうもありがとうございました。

ーーーー
今日は、博多最後の一日、
後半からご一緒しているあたりきしゃりき堂さんと
私の大学時代の先輩夫妻、野々窯さんを訪ねる予定です。

写真:3.5GH
[PR]
by hibi_tan | 2011-10-31 08:15 | お知らせ | Comments(0)



生活からうまれる生活のためのものづくり
by hibi_tan
連絡先、活動の拠点
★お問合せは こちら
★2014年5月、佐渡島に住まいを移しました。在庫がある場合は自宅にてかっぽう着をご覧頂くことが可能です。事前にご連絡下さい。
外部リンク
カテゴリ
全体
お知らせ
あれこれ
日々譚について
販売店様など
今後の予定
最新のコメント
アップルさん、こんにちは..
by hibi_tan at 09:22
最近かっぽうぎを買おうと..
by アップル at 11:59
あすかさん、おめでとう!..
by かずよ at 13:34
あすかさーん!おめでとう..
by わんさえ at 23:44
千葉市在住のNさま。 ..
by hibi_tan at 08:29
759さん、なかなかの森..
by hibi_tan at 18:04
明香ちゃん、なかなかの森..
by 759bakery at 00:20
明香さん、今日野中と一緒..
by kalapitha at 20:06
キノシタ様 かっぽう着..
by hibi_tan at 13:20
カト様 お返事ありがと..
by hibi_tan at 13:18
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧